.

すっかり春

寒の戻りでフル稼働した薪ストーブを見て

アランとダニエラのちいさな居間を思い出しました

2人が読書をする部屋

キッチンの隣にあって、2人だけの時はここで過ごすという6畳ほどの小部屋

4メートル天井の部屋だから冬は暖炉の輻射熱でポカポカして寛げました
フランスはまだ霜が降りたりするので活躍中とのこと

バラとアネモネが若緑に映えるC/Sは
『リモージュか、オーストリアの窯或いはドイツあたりかもよ、、』

スタンプがない磁器製のこの器、みずみずしくエレガントな雰囲気

マリーアントワネットを連想します

そして、、アネモネは美の女神アフロディーテが流した涙、、

可憐で、、美しいカップソーサーです
| comments(0) | - | pookmark |
Entry Navi: << 怪しい天使 マグノリア満開、テラスも全開 >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored Links