.

モネの庭 (2)

フランス国内は勿論のこと、多いな、と感じるのはアメリカからの団体の方々、、
余談ながら、この施設内で帽子をかぶっていたのは、わたくしとキャップのアメリカ人

フランスでは女性が帽子を被るのは、屋外でのフォーマルな装いの時だけですから、、

大輪でとても綺麗です!
同行の植物図鑑氏が、モネやルノワールの描いた赤いポピーとこのポピーとの違いを語って下さいましたが、、忘却

さて県道を跨いでおなじみのジャポニズム庭園があります







園内の小川はとても綺麗で、川藻まで透けて見えます

竹林脇の橋で、アジアの大陸の方々が自撮りやなぜかウエディングドレスの撮影で

ここでも顰蹙をかっておりました、やれやれ

こうしている間も、あらゆる植物の解説をしてくださったムッシュ植物図鑑、
いつもと違う視点で園遊できました!
Merci!
来年はパリ市内ブローニュの森のバガテル公園の薔薇を網羅したいと思います
| comments(0) | - | pookmark |
Entry Navi: << 酷暑にガラスの優しい景色 ペットの孔雀@フランス >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored Links