.

バラの花冠
ロザリオはラテン語の『薔薇の花の冠』の意味であるとされます

用途は我々にもお馴染みの数珠とよく似ており、


珠を手で繰りながらマリアに捧げる
『アヴェ マリア』を繰り返し唱える為のものです

こちらは特にしっかりとした作りで時計の文字盤などに使われている白蝶貝(マザーパール)製

おそらくは持ち主がカスタマイズしたと思われるブルターニュの大聖堂のメダイユが後から付けられています

ハートの白蝶貝に重厚感があります

手に持つだけでは、勿体ない!

壁にディスプレイしても!
| comments(0) | - | pookmark |
お裁縫の季節到来ですね
月が綺麗な季節ですね!
昨夜も満月が、、!?



さてなんでしょう?
フタを開けると、あら素敵!
アイボリーのお裁縫セットです
なんとシンプルな
夜が長くなる秋・冬に、、
お裁縫をはじめる方もいらっしゃるのでは


ノイエも手縫いでチマチマと小物を作っています
まず形からのノイエとしてはこちらのメジャーもかなりタイプ


メジャーの把手は真鍮の輪
外側は真紅のベルベットを張ってあります
ナポレオントロワに認定したいスタイル
これで気持ちを高めて、さぁー何を作りますか!!
| comments(0) | - | pookmark |
秋、お裁縫の秋!?
そろそろ秋の美味しいものが出回り出しました
食いしん坊は年中だけど
秋の夜長は、、

コットンも少し入っていますが


リヨンの古いシルクが沢山

生地に名前が付いています

コットンとかも

手書きのタグもありで、、
秋の夜長は、お裁縫同好会復活です

| comments(0) | - | pookmark |
紺碧・ブルマリンの香水瓶

静かな景色の中の濃紺、、
厚みのあるクリスタルの輝き

潔く施された面取りは典型的なアール・デコ(art déco)

ワルツを踊る淑女のドレスのようにも見える

どんな香りが似合うのか、、、?
ノイエなら、、夏らしいアニックグタールのmandragoreマンドラゴール

中世の錬金術に使われたというマンドレイクのミステリアスな香りを閉じ込めます(ベルガモット、ブラックペッパー、ジンジャー、セージ、アイリスetc)
| comments(0) | - | pookmark |
『オクトゴナルはさびしがり屋』

アール・デコのボンボンキャディを『オクトゴナルのパールトリミング』と説明したところで

ノイエの古物の師匠がこう仰ったのを思い出しました

オクトゴナルはノーブルなデザインで貴族階級にもてはやされた食器のデザインゆえ世に出る時はフルセットなのです

お馴染み、モントローのパールトリミング

オクトゴナルダイヤトリミングは19世紀はじめ頃のクレイユ

裏返した時のこのお尻の形がなんとも好ましい!

ラーメンマークのオクトゴナルはロンウィ

お皿をひっくり返すのはお行儀悪い?でも『拝見』するのであればいいですよね

| comments(0) | - | pookmark |
酷暑にガラスの優しい景色


蓋のとってが、、The art deco アール・デコ

オクトゴナルといえばトリミングはパールですね!

ボンボン、お砂糖、アクセサリー、ナッツ、おそうめんの薬味、、、使い出があります


変形オクトゴナル、アール・デコのプレスガラス

2列のパールトリミングがエレガントです


| comments(0) | - | pookmark |
涼やかな!!

 

クリスタルのカトラリーレフト

 

 

カッティングがとても美しいこちらは、

フォークやナイフだけでなく

 

 

和のお箸にもしっくり。。

 

 

目にも涼やかで

 

夏のおもてなしに喜ばれますね。

 

 

 

 

| comments(0) | - | pookmark |
クレイユ レア モチーフ(グランヴィル)
Les métamorphoses du jour 、かのビートルズもジャケットに使ったグランヴィル(grandville)の絵です


とてもレアな動物シリーズ 動物を人に見立てて生活のアルアルシーンを描いています


これは学校の授業風景 『フランス語の活用』の先生と生徒のやり取りです


表面を自然光に晒すとラスターに煌めきが見えるので 1820年から1830年ごろのクレイユのものと思われます
| comments(0) | - | pookmark |
特別な時間



ベルギーの古窯 『ケラミス』



少し大きめのカップ&ソーサー



日々、春の足音を感じ、
胸踊る季節。



春らしいピンクと綺麗なブルーの花柄がぴったり!



カフェラテ、ココアetc...

暖かい飲み物を飲みながら、桜が咲くのを待ちわびる

きっと特別なティータイムに!
| comments(0) | - | pookmark |
象嵌の小箱

モノグラムで有名なルイヴィトン社は、
市松模様のダミエが先にあった商品

チェスボードからヒントを得たそうです

その後コピー商品が数多く出回り次のデザインを!!と、日本の家紋からヒントを得てモノグラムとしたのですが、きっかけはパリ万博で日本の工芸品がヨーロッパに披露されたことでしょう

象嵌装飾がどこか懐かしさを感じる小箱

ルイヴィトンのモノグラムにそっくりです

この箱を見た瞬間に、とても懐かしく感じたのは?
慣れ親しんだ雰囲気を醸していたから?

ナポレオン三世の妻ユウジニーも御用達だったようです

ナポレオントロワの小箱に、あなたは何を入れたいですか




| comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored Links